RSS | ATOM | SEARCH
熊野古道大辺路 番外

2日に分けての熊野古道大辺路歩きで、どうも気になった個所が2か所

一つは前からなのですが、我が家のルーツの市屋の与根河池(よねご)と奥池の間に高速道路が付きどのようになったのか、古道を歩いていて気になったのと、一番お気に入りの鬮野川(くじのかわ)の里山風景あの上流部はどのようになっているのだろうと気になったので、出かけてみました。

与根河池の奥池しっかり川沿いに立派な道が付き、現在水を抜いて工事中でした。

里山の鬮野川を地図を見ていると、古道から外れた上流の最初の部落が鬮野川その上流の部落から名前が変わり姫川になり、変だなと眺めていたら支流の一つに滝マークがありしかも林道がある。これは探検の価値ありと4WDの軽トラックで行ってみました。

とにかく狭い道軽自動車がやっと対向車が2台で2回とも相手がわざわざバックして道を開けてくれました。

道は途中から荒れていて、4WDでも少しきついので、車を置いて300Mほど徒歩で、滝の名前は解りませんが多岐理姫(たきり)、多岐都姫(たきつ)、市寸島姫(いちざ)の三女神を祭る滝姫神「お滝様」とありました。姫川の地名の由来

 

帰路はポンカンで有名な重畳山(かさねやま)を登って帰りました。大島が眺望できる絶景

ここは四国四十八の仏像を安置してあり、ミニ四国巡礼できるというところで、仏像よりも山道に敷いた赤土をたたき固め溝をつけ排水が良いようにした、昔の舗装道路に感心しました。

実に良く出来ています。かつての水路なんかもこのようにして水漏れしないように作ったのだと思いました。

ちょうど今日は与根河池の用水路あらけの日で、大勢が作業していて今はコンクリートですが、かつては赤土をたたいた タタキで、私の先祖も作業に参加したのかなと想像しました。

 

雨の多い当地でも山の高さが500Mを超えない低い山では夏の渇水期の水田を満たす水を確保できないと、日ごろから思っていて我が家の先祖は人工のダムで与根河池を作り稲作を可能にしたのですが、古道沿いの水田の広さを300Mそこそこの山では無理だろうと、行ってみましたが、山が深く支流がたくさんあるので納得しました。しかしこのような地形はそうそうありません。重畳山を祭ったことに納得。

 

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 17:45
comments(0), -
熊野古道大辺路その2

JUGEMテーマ:日記・一般

朝一番の普通列車に乗っての第二弾、先日の古座までの続きですが、古座・田原間は国道歩きなので飛ばして田原駅より出発。

命の危険を感じる酷道(国道)死に(四二)号線を歩くが、すぐに山道で最初の峠

清水峠

峠を越えると浦神湾が見え素晴らしい、浦神の海蔵寺を過ぎ山道に入るとちょうど紀州備長炭の窯出しを始めるところで、写真を撮らせてもらうが赤い光が強すぎ上手く映っていない。

峠の休平

太田の庄へ向かう道、照葉樹林帯の中の古道らしい道が続く

庄に降り、大泰寺を通り過ぎ、我が家のお墓のある市屋を過ぎ市屋峠へ

昔私が作った看板がしっかり残っています。与根河池を過ぎ二河峠へ

ゆかし潟を過ぎ、駿田峠 

終着の浜の宮王子の振り分け石 (大辺路と中辺路の分岐点の昔の道標)

先日のコースより国道を歩くことが少なく、いわゆる里道と山道、特に浦神出発にすれば危険な場所はグッと少なくなります。

18キロほど4時間半弱の旅でした。

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野古道, 15:06
comments(0), -
熊野古道大辺路

JUGEMテーマ:日記・一般

世界遺産に追加登録される大辺路を歩きました。富田より見老津までは何回か歩いているので、見老津から那智を目指す第一段として古座までの道中。見老津から和深は国道ばかりで飛ばすことにし、和深から出発

新宮発田辺行の一番列車で和深へ、42号線を歩き最初の古道新田平見道 道標は少なく、印刷した国土地理院の地図片手の歩きです。

新田平見道の石段

古道の基本ですが、急斜面は浸食防止に石畳や階段になっていて残っている。幅は一間

富山平見道の石畳

飛渡谷道 まさしく飛んで渡れる幅の水路のような谷沿いの道

ほとんどが国道四十二号線を歩くのだが、歩道がなく まさしく死に(四二)号線

命の危険を感じる道路で、せめて歩道が欲しいです。

鉄道に切断された古道が、3回線路をくぐりましたが、一番面白かったトンネル

人一人がやっとのトンネル。もう一つは広く、もう一つは車が通過できました。

 

残っている道もいいが、だんだんと大きくなる潮岬の景色と印象に残ったのは、串本手前から姫に迂回する䰗野川沿いの道。清流と田園風景と里山 何とも気持ちの良い道でした。欲をいえば舗装道路ではなく地道ならよかったのですが。

8時半に出発し古座に2時50分到着途中お昼に40分休憩、暑い一日で、古座のAコープで買ったビールの美味かったこと

 

佐野・和深間の運賃840円、古座・佐野間の運賃は500円 差し引き340円 24キロほどの旅でした。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野古道, 10:52
comments(0), -
大普賢岳

JUGEMテーマ:日記・一般

久々のアイゼン、ピッケルを使っての雪山 大普賢岳登山

今年は雪が多く、登山口の和佐又小屋の人の話だと先日まで1Mの雪があったそうな

アイゼンを付けずに和佐又山のコルまで登り稜線から日本岳をトラバースする道に入りアイゼン着用 トレースがあるので辿れるが、無ければ全く道は分からないくらいの雪

笙ノ窟はものすごいツララ、時折朝日で溶けたツララが落ちてくる

行きは良かったが午後に通過したときは、音を立てて大きな塊が落ちてきて運悪く当たれば命取りになる。私は大丈夫でしたが、一人が肩に塊が当たった。

雪が多いのと、なんだか体の動きが悪く、時間切れになり頂上は踏まず手前の小普賢岳で引き返す。

帰路に展望抜群の石ノ鼻で記念撮影。

たまには、南国熊野の普段とはまったく違う景色の雪の山も悪くない。 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 16:27
comments(0), -
煮こごり

JUGEMテーマ:日記・一般

頂いたアカハタのアラ煮が煮こごりになっていたので、食べ終わった汁を漉してタッパーに入れて冷蔵庫へ

暑いご飯にのせると、ジワ〜と溶けてきてご飯が進みます。

お刺身、アラ煮、煮こごりと三回楽しめます。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 11:56
comments(0), -
八郎山回峰登山

JUGEMテーマ:日記・一般

先日雨で中止にした、八郎山を巡る登山に行きました。

写真の浦神湾にそそぐ小さな川の分水嶺を巡る登山、はっきりした道はないので、地図と磁石それに今回はGPSで位置を確認しながらの初めて登るコース。ちなみに真ん中の山は一郎山

いつもの八郎山までちょうど2時間、途中地図上で現在位置を勘違いして10分ほど反対に下ってしまう。また頂上より北に向かう尾根を探すのに40分ほど時間と労力を費やす。

太田川方面は昭和40年代のミカンブームでミカンを作付けし、稜線に水タンクを設置していた名残、今でも水がたまり夏場は蚊の養殖場

222Mピークの少し西の尾根にあった昔の道標 西・中里、東・庄、南・浦神 とあった。

南・浦神とあった尾根を下ると岩峰が続き、今まで視界の効かない照葉樹林の森の中が、一変して開ける。写真を撮りながらのんびり下り熊野古道大辺路休平峠へ 16年ほど前に私が製作した道標 しっかり残っていました。

予定では古道を下ることにしていたが、朝浦神の和尚に一郎山を教えてもらいそちらに向かうが予定してなかったので、印刷した地図なしで行くと、一本尾根を間違え全く違うところに出てしまった。

残念ながらぐるっと一周はできませんでしたが、六郎山・七郎山を確認、おそらく一郎があるので今日登ったコースに次郎、三郎、四郎、五郎とあるはずですが、どの山でしょうか?調べてみたいところです。

 

ポケモンゴーなるゲームが流行っているそうだが、そんなゲームより地図と磁石を頼りに未知の山を歩く、木に登って尾根を確認したり、間違えて行ったり来たりと体と頭を使う行為でこんな面白い遊びはない。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 10:50
comments(0), -
誕生日

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日の誕生日知り合いが経営している喫茶店でコーヒーを注文すると、誕生日プレゼントでケーキを付けてくれ 誕生日を祝ってくれました。

この年になると誕生日毎年じゃなくてもいいね。

 

父親の歳(64歳で死亡)と母を看取る が目標でしたので、達成できました。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 12:00
comments(0), -
薪ストーブ大活躍

JUGEMテーマ:日記・一般

ここのところ雪こそ積もりませんが、熊野でも寒い日が続き薪ストーブ大活躍

事務所は広く天井が高いので、灯油ストーブじゃお金がかかって仕方ないし、エコではない。薪の火は数十年前の太陽エネルギー

 

知り合いがトラックに積んだ薪の山を見て つぶやいた 「里山資本主義」

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 09:39
comments(0), -
烏帽子山鬼杉谷の工事終了

JUGEMテーマ:お知らせ

昨年秋より通行止めになっていた烏帽子山登山道2・3の滝コースの鬼杉谷おおひるめの滝下流の崩落防止工事が1月9日で終わったので、確認に行きました。

 

大水害で流れが変わり岩の上をあまり流れなくなった那智四十八滝の一つ

おおひるめの滝

大水害でできた崩落現場

工事は一番先端の部分のみで、崩落防止におそらく草の種を混ぜたものでマルチし、網を張り、土留めをしていました。

当然ながら、この上まで林道が来ています。

 

東の谷コースが大水害で破壊され、このコースだけが谷と山を楽しめる登山道になってしまいました。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 14:47
comments(0), -
四国旅行その3

JUGEMテーマ:日記・一般

今年一番の冷え込みで、日本海側は大雪幸い松山高松間の平地は全くの降雪なし、ただ寒いので泊まったところは高い山ではないが、朝凍結の恐れがありもらい事故でもしたらと、ゆっくり9時に徳島はフェリー乗り場に向け出発、残念ながら午前のフェリーには20分ほど間に合わなくて、切符だけ買って徳島市街を見下ろせる眉山へ

ところが南斜面は難なく登れたが、北側に来るとこの通り どうしようかと迷っていたら、ちょうど散歩で通りかかった同年輩の女性に声をかけると、頂上まで案内してくれるとのこと、1キロ弱をご一緒して頂上へ

年に1度か2度積もるそうで、雪の眉山を堪能し、徳島市街を一望しながらおしゃべりしていると、すっかり時間が無くなり慌ててフェリー乗り場へ戻り、ギリギリで間に合う。

名物徳島ラーメンの美味しいところも教えてもらったのに残念!今度リベンジです。

帰路の和歌山は田辺まで高速道路の路肩に雪が残っていて、明日の朝凍るのではと心配しながら走りました。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 12:35
comments(0), -