RSS | ATOM | SEARCH
中山道19号線

JUGEMテーマ:日記・一般

栃木よりの帰路は中山道を、トランプ大統領が動き出す前にと早朝圏央道を通過、途中渋滞には会いませんが、物々しい警戒あちこちで機動隊員を乗せたバスが止まっていました。

塩尻ICで下りて20号線を少し走り19号線(中山道)へ

高速道路が天竜川沿いについたので、裏通りになってしまった感がありますが、かえってそれが良かったのか、江戸の昔が残っています。まずは奈良井宿

山の紅葉が綺麗でした。しばらく走り妻籠宿へ

馬籠峠を越えて馬籠宿へ

馬籠から妻籠へ馬籠峠を越える旧街道を歩いている人が多かったです。特に白人の方を多く見かけました。今度ぜひ挑戦してみたいですね、そして宿場に泊まって

天竜川沿いに高速道路で戻り151号線を南下して、宿の茶臼山高原へ

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 08:57
comments(0), -
中山道和田峠

JUGEMテーマ:日記・一般

義母の葬儀が二週続けての台風襲来で、中途半端なかたちで帰ってきてしまったので、後始末に再び栃木に

 

ちょうどトランプ大統領来訪で、圏央道はおそらく通行止めになるだろうと、中央道、長野道、北関東自動車道を使っての旅にしました。早い目に出て、途中岡谷で下りて中山道和田峠を越えてみました。和田峠の和田トンネル

標高1500M寒いこと 霜が降りまだ解けていない状態

所々古道が残っていて、紅葉は終わっていて古道にハラハラ葉が落ちるのが、なんとも風情がありました。

江戸呉服町の豪商かせや与兵衛が千両を幕府へ寄付し、その利子50両で設置され、11月から3月の冬の時期に、峠を越える旅人に粥と焚き火、牛馬には年中桶一杯の煮麦を施した、永代人馬施行所

風情のある建物、紅葉の景色が映えます。

 

お昼は先日寄った群馬県の板倉町の蕎麦屋 さんき 鴨せいろ

地元産の鴨肉たっぷりの温かい汁で食べるのですが、鴨が蕎麦によく合い

一口食べて、思わずうなった 美味い

とにかく量が多く、デザートに頼んだすりごまたっぷりのそば饅頭は、二人で食べきれず、もったいないのでナイロン袋に入れて持って帰ってきました。

残りを翌日食べましたが、美味でした。

小食の私たち家族には残り物を入れる器が絶対に必要です。

 

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 11:21
comments(0), -
那智四十八滝(東の谷)

9月に本谷と西の谷の那智四十八滝調査の続き、東の谷です。かつては本谷と西の谷は大川、この東の谷は渓流と呼ばれただけあって勾配がきつく沢登りに近い谷です。特に6年前の大水害以来登山道が寸断され、かつて修験者が修行したころに戻ってきている感じがします。

まずは入口の滝 やみ

大水害で陰陽の流れが逆さまになってしまった。なかご(陰陽の滝)

21号、22号と二週続けて台風到来、しかも21号は48時間で900ミリの観測史上最高の大雨、5日ほど経つが水量は減らないので滝は豪快

その上の おしたれ 好きな滝です。

やみが架かるくらがり谷をつめて しゅほし

この谷はかの南方熊楠が新種の粘菌を発見した谷。

すぐ側の支流にある ふりちり

本谷に戻り、少し上流の支流にかかる つきよみ

もう少し上流反対側の支流の とみ

水はほんの少ししか流れていない。

上流の同じく右岸支流にかかる みつかけ

この滝も好きな滝

立石がある左岸の支谷にある てりこ

烏帽子山登山道松尾の坂中間からトラバースしたところの はにやす

急峻なゴーロ帯の一部

心臓破りの松尾の坂を上りきると、待ち構えている まつお

一枚岩を落ちる滝、普段は水量が少ないが、高さがあるので水量があると豪快

本谷支流鬼杉谷の おおひるめ

大水害で流れが右岸に変わり、水量が少ないと湿った岩に、本日はかろうじて流れている。

 

林道工事や崩落、大水害等で谷は姿を変えますが、長い目で見たら浸食活動。人の手を入れてもまた変わってしまい、大地も活動している生き物なんだなと感じます。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 17:10
comments(0), -
シイタケが

JUGEMテーマ:日記・一般

今年は春から少雨で、植菌したシイタケのホダ木が腐りかけ、もうダメかなと思っていたら ここの所の週末二回の台風騒ぎで、気が付くとびっしり生えてきてました。

早速鍋で食べましたが、香りは良いし触感もいい。台風の恵みですかね・・・

 

今年は普段が少雨で、まとめて降ることが多く。これからこんな気候が増えるのではと心配しています。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 11:02
comments(0), -
羽生PA 鬼平江戸所

JUGEMテーマ:日記・一般

義母の納骨で栃木市へ。東名より東北道まで圏央道で繋がり、今まで首都圏を避けるため長野や甲府経由で大回りしていたのですが、距離も短く便利になりました。

 

ついでに東北道上りの埼玉県(北からだと利根川を渡ったところ)羽生のパーキングエリアに江戸を再現した鬼平江戸所というのが出来ているというのをテレビニュースで見たので、すぐ近くなので行ってみました。

遠くから見ても木と漆喰の建物に目が惹かれます。

江戸時代にタイムスリップ 江戸の出女と入鉄砲を監視する関所があったので、意識した入り口突き当りは監視役人がいるところみたいですが、トイレです。

芝居小屋や呉服問屋など、自販機も木目調で気を使っている。

呉服屋さんではなく、中は江戸を意識した食堂や土産物屋さんがあります。

手洗い水道まで江戸時代(防火桶と手桶)流石ですね

 

違うところでお蕎麦(昼食)を食べていきましたので、おなかいっぱいで残念なことをしました。

妻の実家の近くのお蕎麦さん(群馬県)。石うすで挽いたそば粉で打ったそば

そばがき(隠れて見えません)に、みずそばと大根おろしとそばつゆと三つの食べ方を楽しめるセット おなか一杯になりました。

お休みの多いお店で、なんか半分道楽でやっているような店でした。ナマズの天ぷらのメニューがあったので頼んだのですが、季節料理でなかったです。残念!

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 16:56
comments(0), -
台風21号

JUGEMテーマ:日記・一般

台風銀座の熊野に台風がやってきました。6年前の大水害を彷彿させる規模の台風で、心配しましたが、家の被害は最小限度

48時間で900ミリほどの雨が降ったので、仕方がないといえばそれまでだが、6月21日の大雨で我が家の下流の荒木川が決壊、直もしないで、土嚢を積んだままの状態だった箇所が、まったくの予想通り決壊

田んぼに行ってみるとさがりを入れてあった小屋がない。

下に流され引っかかっていました。1年の命でした。

これは行政の怠慢、人災です。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 12:05
comments(0), -
バーベキュウ用テーブル完成

ここ40日ほど 義理の母の様態急変不幸があったので、予定していた行動をすべて取りやめ、家でシコシコと友人から頂いた床の間の板の端材で、バーベキュウ用折りたたみテーブルを作りました。

一番長いところで120センチ弱あり6人がゆったり食べられます。材はトガサワラまたはマツだと思うのですが、ヤニがたっぷりで非常に重くまたすぐ燃えそう。足を折りたたみにと作ったのですが、天板が重すぎうまくいかず、結局ネジで取り外しできる丸太の足にしました。真ん中の焦げは、先日ブリキの七輪を使って焦がしてしまった。

 

天板の高さを60僂板磴して七輪等を使っても食べやすいようにしました。箱御膳の文化があるので、我々日本人は低いテーブルでも食事できる民族ですから。

 

ぶらり途中下車の旅。電車で旅行いくならどこいきたい?

日本海をまだ数回しか行っていないので、下関から青森まで鈍行を乗り継いで行ってみたいですね。食べ物の美味しそうなところも多そうだし、気に入ったところで途中下車しながら。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 11:27
comments(0), -
古座川カヌー

JUGEMテーマ:日記・一般

ここのところ少し雨だったし週末には台風が来るというので、カヌー(ダッキー)の片付けついでの川下りに古座川へ

ところが水は抜群に綺麗だが水量がない、鮎釣りをしている人に聞くとどうやらダムからの放水が全くないようだ。

しかし深い所でも底まで見えて気持ちのいいこと、魚がたくさん見える。ニシキゴイが多いのとアマゴ(古座ではコサメ 降海型アマゴのノボリかと思った)のような尺を超える魚がたくさん。またどう見てもチヌ(クロダイ)もいた。

 

ちょうど知り合いの地元カヌーインストラクターがいたので聞くと、ノボリと思ったのはハヤ(ウグイ)でチヌが今年は居ついてるそうだ。海の魚が淡水で大丈夫なのかな?基本川より海がエサが多いので、食べていけてるのか心配 川では一番大きい魚になるので、命の危険がないので居ついてるのか?不思議???

 

世界遺産に登録され最近設置された大辺路八郎越えの田原の登山口の道標も確認

御影石を削った立派なものでした。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 19:12
comments(0), -
イワタバコの花

山仲間と那智川の本谷と西の谷の四十八滝のうち23滝を見学。この時期稲の収穫と熊野川カヌーツアーなどで忙しく入っていなかったようで、珍しく那智谷でイワタバコの花の満開時期に遭遇。

深山の渓流の岸壁にひっそりと咲くイワタバコは渓の妖精 いつみても素敵な花

沢屋の心が和みます。

べむ、何段かに重なった感じの断層があるので上からザイルを垂らしてもらったら登れそうだなと話しながら休憩。熱い夏の渇水期に挑戦してみるのも面白そう。

 

何度探しても見つからなかった、四十八滝のたたらを発見。今回8人で、今まで一人で探索していたのですが、人数が多のいと人に説明することで違った発想ができ、新しい発見ができました。曇り時々雨で一時日がさすという天気でしたが、楽しい一日でした。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 09:52
comments(0), -
収穫終了

JUGEMテーマ:日記・一般

昨日か今日脱穀の予定が、3日日曜日のお昼過ぎに北朝鮮で核実験との情報が入ってきた。折しも大型台風が日本の東岸沖を通過中。その影響で上空には北朝鮮から日本に強い北の風が吹いている模様。放射能汚染でもしたら大変だと慌てて脱穀

念のため昨日は一日家の中にいて、本日サガリを片付けて脱穀し終わった藁を田んぼ一面にばらまいた。

草を抑えと肥料になり、藁についている微生物を拡散させるために、長いままとにかくメチャクチャにまく作業。子供にやらせたら面白がりそう。

刈跡に咲いていた憎っくき稲の雑草 オモダカ こう見ると綺麗ですが・・・

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:無農薬米作り, 16:30
comments(0), -