RSS | ATOM | SEARCH
高野山町石道

JUGEMテーマ:日記・一般

1987年今から52年前の6月3日に歩いて以来の高野山町石道へ。23日に行ったのですがメインパソコンが突然故障で何やかやで遅くなりました。

町石道の始まり慈尊院。ここの記憶は全くありません。

紀の川流域の街を眺めながらの雨引山を迂回する道と町石(卒塔婆形町石)。柿畑が続きます。

この登りは記憶がありますが、景色は覚えていない。

雨引山を通過するとアップダウンの少ない気持ちの良い道が続きます。

二つ鳥居 丹生都比売神社(にうつひめ)の分岐点。こんなとこあったんだ。まったく覚えていない。

地蔵堂 建物は変わっているがここの記憶があり、休憩したのを覚えている。

ちょうど半分の九十町の町石。ちなみに1町は109.09Mで1町おきにこの石が180個立っているところから町石道と呼ばれています。慈尊院より9.8181キロ歩きました。

道は高野山の麓の矢立というところに降りていくのですが、その途中にあった地蔵さん。かわいい顔押しています。

昨年の台風直撃でいたるところに倒木が、その中でも根ごとではなく、途中でぼっきり折れている。この太さの中途折れを見るのは珍しい。

高野山の入り口 大門 ここの記憶が鮮烈に残っていて今でも思い出す。

終点の壇上伽藍。高野山は歩いて登ると値打ちがあり、バスや電車では感激が薄れます。この町石道は距離は少し長いがこれといった急登はがなく、一番歩きやすい道だったのではと思います。

ところがケーブルカーの高野山駅行バスがなかなか来なくて、やっと来て乗り込んだら車両入替のためケーブルカーは運休中。代行バスが大門駐車場から出ているとのことで、2時間ほど時間をロスしてしまった。

代行バスで橋本駅へ行き電車で九度山駅へ

駅より車を止めた道の駅柿の郷くどやままでの途中にある関ヶ原の戦いの後、真田父子が蟄居した真田庵を見学して車に、25キロほど歩いた旅でした。本日は和歌山市で一泊する。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野古道, 12:18
comments(0), -
長石山と笠丸山

JUGEMテーマ:日記・一般

我が家の裏山の長石山(451M)と笠丸山(582M)を登ってきました。

正月明けより両山の間にある我が家の横を流れるナメラ谷の昨年秋の台風での倒木や道の整備に何回か行っていましたが、山頂へは久々の登頂です。

ナメラ谷3の滝 夏には滝滑りをする滝

紀伊半島大水害で、ナメラの地形が埋まってしまっていたのが、昨年秋の台風で土砂が押し流され、ナメラが復活していました。

川も生き物のように動いているのですね。

長石山直下の見晴らしの良い場所から太地方面

長石山(451M)三角点 かつては国鉄の電波の反射板があった所、寒いので早々通過する。

カジアゲ峠 林道(作業道)が出来ていて全く景色が変わってしまった。林道を歩いてくると気が付かないで見落としてしまう。

笠丸山(582M)山頂。かつてはここに地区のテレビアンテナがあり、管理のため道もよかったが、時代が変わってしまいました。見晴らしは聞きません。

人生最初に登った高い山はこの山で、小学生高学年か中学一年生の時だと思います。

手前の小笠丸と道標に表示のあるピーク。私の住む町が眼下に見える。

子供のころここから見た田んぼが一面レンゲでピンク色だったのが目に焼き付いていて、いまだにレンゲ農法をやっています。

 

緑の雇用と称しての林道(作業道)工事 あまりにもひど過ぎて、確かに間伐や伐採は必要だが、やりすぎでたんなる自然破壊の様な気がします。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 16:55
comments(0), -
大台ケ原日出ヶ岳

JUGEMテーマ:日記・一般

昨年の大普賢山にかわり大台の日出ヶ岳(1695M)へ

ひたすら歩くだけの危ないところのないコース。

雪の大峰山脈を右側に眺めながら、単調な大台ドライブウェーを歩く

ここ数日の温かさで、雪は例年より少なめだが、トレース(踏み跡)がなく一足ごとにズボズボと雪に沈み結構しんどい。

北側の斜面は結構雪が残っている。

ウサギのものと思われる足跡、このほかカモシカやテンかイタチやシカのものが、頂上への直下の道には数時間前についたと思われる熊の足跡が・・・

ところどころ凍っていて滑ること、数回滑ったが、動物の足跡を見ていると、凍ているところはしっかり迂回している。動物のほうがよほど利口

日出ヶ岳直下から 青空と雪のコントラストがきれいでした。

頂上は風はなく温かいが気温は零度、日当たりが良いので雪は少ない。

人の気配が全くしない、日出ヶ岳山頂三角点

静寂のなか昼食をとり、ひたすら下山、往復25キロほど、7時間の厳冬期の百名山登山でした。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 20:45
comments(0), -
妙見山

JUGEMテーマ:日記・一般

三重県御浜町の妙見山に登りました。

先に滝の後ろに入れるという不動滝を覗いたが、水量が少なく えっ!どれが滝って感じ 時たまパラパラとしずくが落ちでくる程度。

麓に戻り、立派だが結構急登の参道を登りつめ神社へ

神社といっても鳥居があるだけの石室、神倉や花の岩屋の様な岩がご神体。

岩の頂上に回り込むと、展望は抜群

眼下に七里御浜海岸の太平洋と御浜町が一望。

那智の烏帽子(真ん中尖がった山)が際立って見えました。

稜線沿いに妙見山三角点(749.1M)に行こうとしましたが、今年一番の寒波で、稜線上は寒くて、あきらめて下山。

雨が多くなれば不動滝見学を兼ねて再度来てみましょう。なかなかいい山系です。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 11:32
comments(0), -
今紅葉が綺麗です。

JUGEMテーマ:日記・一般

照葉樹林帯の熊野では、紅葉する木が少ないですが、中でも見事に紅葉するのがハゼノキ。

この実から和ろうそくを作ります。

北風が当たらない日当たりの良いところの木ですが、そろそろ新芽が出だすこの時期の紅葉で、いつ葉が落ちるのでしょうかね?

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 11:15
comments(0), -
薪ストーブ大活躍

JUGEMテーマ:日記・一般

暖地熊野も正月以来寒い日が続き薪ストーブ大活躍

ついでに鋳物のスキレット焼き芋。美味しいね

ただ今年は薪の用意がなく、どうしようか思案中。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 13:40
comments(0), -
洞窟温泉

JUGEMテーマ:日記・一般

以前サポートを頼まれて行った洞窟の中に温泉が湧いているところに久々行ってみました。

崖を降りて海岸に降りると浜は流木で埋まっていましたが、洞窟は埋まっていませんでした。

洞窟の入り口は湯船のように作っていましたが、完全に砂利と流木で埋まっていました。

中に流木やらが入り込んでいるが、入れます。壁は硫黄で変色、奥は丸く広くなっており鍵型

天井からビニールでもたらせばサウナになりそう。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 18:05
comments(0), -
初詣

JUGEMテーマ:日記・一般

あけましておめでとうございます。

今年の初詣は神倉神社へ

初詣にここに来るのは初めてで、考えてみたら久しく来ていませんでした。

ご神体のゴトビキ岩。思ったより人が来ていなくて、ちょっと意外でした。

新宮を一望できいいところなんですがね、急な階段が敬遠されるのでしょうか。社のそばにあるパワースポットの岩倉も拝んで下山する。

 

今年もよろしくお願いします。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 15:54
comments(0), -
古座川 嶽ノ森、天柱岩の頭、峯ノ山

JUGEMテーマ:日記・一般

先週の日曜日(23日)になりますが、古座川一枚岩から嶽ノ森、天柱岩の頭、峯ノ山登山をしました。

まずは犬鳴谷のナメラ道

一枚岩に足場を一つ一つ彫っているので安心して登れますが

水量が多いとちょっと登れません。

最初は天柱岩の頭へ

立木が多く眼下を見下ろせるところがなかった。

この頂上なんですが・・・

来た道を戻り、先に峯ノ山を往復

標高482.2M 一等三角点ですが、立木に覆われ視界は全くありません。携帯電話のアンテナでしょうか立っていました。

途中万両がきれいでした。

嶽ノ森(雄岳)頂上

隣の雌岳からの嶽ノ森(雄岳)

最後の紅葉、すっきりしない天気でしたが、下山まで雨に会うことはなかった一日でした。

 

今年もあと一日、一年間のご愛読ありがとうございました。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 08:14
comments(2), -
氷が・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

今朝起きると氷が張っていました。

12月の氷は珍しい。つい先日までは暑いくらいだったのが、格差が大きすぎる。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 16:27
comments(0), -