RSS | ATOM | SEARCH
オガタマノキ
あまり聞き慣れない木の名ですがオガタマノキ
新宮は速玉大社に植えられている木です。

熊野では海岸林にみられます。
【ウィキペディアより】
モクレン科オガタマノキ属の常緑高木。日本に自生するモクレン科では唯一の常緑樹である。別名オガタマ、トキワコブシ
日本列島の本州の関東中南部以西と四国の海岸部、九州の低地、南西諸島に分布し、原名変種は日本固有。
和名は神道思想の「招霊」(おぎたま)から転化したもの。和歌、俳句の季語にも用いられる。
日本神話においては天照大神の天岩戸隠れにおいて天岩戸の前で舞った天鈿女命が手にしていたとする説がある。
榊の自生しない地域を中心に神前に供える玉串として古くから代用されたり、神木とされて神社の神域などに植栽されている例がみられる。

この様な照葉樹らしい葉です。
ミカドアゲハの幼虫はこの葉しか食べません。
蝶というのはわりと偏食でマニアックです。
そう言えば蝶好きもマニアックな人が多いですが・・・
author:, category:木の豆知識, 17:02
comments(0), -
Comment