RSS | ATOM | SEARCH
メタセコイヤの紅葉(黄葉)
針葉樹はたいていが常緑樹(一年中葉がついている)ですが、
その中でも紅葉(黄葉)し葉が落ちる数少ない木がメタセコイヤで、
1941年に中国四川省で発見されるまでは生きているものは知られていなかったようで、
日本にも300万年から100万年前頃まではたくさん生えていたらしいです。
その頃からあまり進化していないらしく、生きている化石として有名。雌雄同株

もちろん熊野には自生はしていませんで、この木は植えたものです。
廃校になった学校の跡地ですから、熊野にはない木を教育として植えたのかもしれません。
モミジのような繊細ではなく、高さもあり堂々としていて実に綺麗です!
author:, category:熊野の四季, 19:00
comments(0), -
Comment