RSS | ATOM | SEARCH
杉の巨変木
500年600年どころではない、1000年は経っているであろう
杉の巨変木です。

岩に絡みつき、立ち上がっていて、その木の間からまた別の木も生えてきている
熊野ならではの光景です。
木の下は5坪くらいはあるでしょうか、相当人数の雨宿りが出来ます。

よく見るとゾウさんみたいですね。
古くでかいゾウですから、マンモス杉とでも名付けましょうか。
author:, category:熊野の山の文化, 13:20
comments(0), -
Comment