RSS | ATOM | SEARCH
ムーンフラワー

JUGEMテーマ:日記・一般

夕方7時ころ、昼間すっかり忘れていた田んぼの水を見に行ったところ、遠目のきかない私にもクレーターが確認できるほどあまりにも月が大きく奇麗なので、夜中目覚めたときもう一度眺めてみると

残念ながらおぼろ月

明るいこと、懐中電灯なしで歩けそうなくらい

思わず口ずさんだ 

朧月夜

  菜の花畠に、入日薄れ、
    見わたす山の端、霞ふかし。
    春風そよふく、空を見れば、
    夕月かかりて、にほひ淡し。

 
    里わの火影も、森の色も、
    田中の小路をたどる人も、
    蛙のなくねも、かねの音も、
    さながら霞める 朧月夜。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 09:00
comments(0), -
Comment