RSS | ATOM | SEARCH
古座川支流小川カヌー下り

JUGEMテーマ:日記・一般

6月1日からアユ漁の解禁で古座川水系は下流部以外はカヌー禁止。

前日の5月31日までは上流から下ることができるので、最終日に古座川支流小川の椎平橋より下る。水量は2日前に降ったので少し多めだが、ここは浅いところが多いという話を聞いていたので、ファルト(布製の折り畳みカヌー)やダッキー(カヌー型ゴムボート)ではなく、ポリエチレン製の船にしました。

 

椎平橋 寒くはないが曇り、水温も冷たくはない。

ここより柿太郎の廻りという民家のない山中の大きな蛇行が続き、新緑がきれいだ。

この小川は水質抜群(日本でも数えるほど)、限りなく透明に近いブルーの水面をたった一人で行くのは気持ちが良い、櫂の水切り音と鳥の声にせせらぎの音のみの静寂の世界を独り占め。キャンプしたらいいだろうな。

岸壁の川さつきも満開でした。

下に下ると川幅が広がり浅瀬が多く一度だけ降りた。

妙見橋 鳥屋ノ森山の登山口のあるところ、ハッチョウトンボの生息地もある。

終点の本流と合流する明神橋

この時期としては水は普通だがこのコースは浅瀬が多く、よほど増水していなければ、ポリ艇が無難です。

出発地点に30分ほどで自転車で戻って車を回収し、ぼたん荘で少し遅いランチをして帰る。

 

日本の河川の鮎釣り優先の考え方は、いまひとつ納得がいきません。鮎釣りはあくまでもアユ(稚魚放流に対する)にお金を払っているのであって、河川の管理や整備に払っているのではないのに、独占するのはいかがなものでしょうか。

釣れないことをカヌーのせいにする釣り師もいますが、ベテラン釣り師はカヌーが通過すると一時は釣れなくなるが、通過によって環境が変わるのでかえって良いという方もいます。鮎の友釣りは警戒心の強い魚を餌で釣るのとは全く違う釣りですから、カヌーの通過くらいではさほど影響がないと思いますが。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 16:11
comments(0), -
Comment