RSS | ATOM | SEARCH
オーストラリア ケアンズ その4

JUGEMテーマ:日記・一般

最終日はたまたまアンザックデイ。もともとは第一次世界大戦の戦勝記念日だったようですが、現在は太平洋戦争戦勝記念日に変わっているようで、敵国日本人には居心地の悪い日、しかも泊まったホテルのすぐそばで、記念行事をやっている。ガイドさんが近づかないようにとのことなので、違う通りを歩いてブラブラしたのだが、休日はほとんどの店がお休み。ホテルのルームサービスもなし、感覚が全く違います。日本人は働きすぎなんですね。仕方がないので街をブラブラしただけでした。

大きな木も多いし道幅も広い、アジアと違い人口密度が圧倒的に少ないようです。朝のラッシュもしれています。道路は信号もあるのですが、ロータリーになっていて交差点で止まらずに走ることができますが、歩行者は渡りづらい。アジアのような車の台数が多いと渡るのはかなりむつかしいと思う。走っている車はほとんどが日本車。私の好きなピックアップトラック多く見かけましたが、ほとんどがポンコツだが現役。日本人は早く車を手放しすぎるのでは。午後には軍服を着て勲章を付けたお年寄りを何人も見ました。

見かけたごみ収集車、前のフォークでごみを載せ後ろの荷台に落とし込む、日本のように数人で入れて圧縮するのではなく、一人で操作していました。人件費が高いのか人口が少ないためか

帰国の日の早朝週末マーケットを覗きに行って空港へ

小さなケアンズ空港

グレートバリアリーフの空からの写真

宇宙から確認できるのはこのグレートバリアリーフと万里の長城だけだそうです。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 09:52
comments(0), -
Comment