RSS | ATOM | SEARCH
絵画の中の光と影

JUGEMテーマ:日記・一般

日本経済新聞に10回連載されていた、三浦佳世さんの絵画の中の光と影の最後の二つの記事

絵画を光の観点から見るという非常に興味深い記事の連載で、目からうろこの感じがしました。

絵や写真は平面の二次元の世界ですが、それを三次元に表現するには、遠近法と光

理屈では分かっているのですが、絵は描きませんので写真なんかでは頭にあるのですが、いい写真は撮れません。

最後の記事モネなんかは常人とは違った特別な目と脳を持っていたのではといってますが、私の場合才能と感性の問題のようです。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 11:00
comments(0), -
Comment