RSS | ATOM | SEARCH
日前宮と根来寺

JUGEMテーマ:日記・一般

町石道歩きの翌日は和歌山駅そばの近鉄百貨店での和歌山県いけばな協会展を覗いて和歌山駅近くの日前宮へ

日前宮は和歌山鉄道貴志川線の駅名は にちぜんぐう と呼びますが、正式には ひのくまのみや と呼ぶそうで何度聞いても覚えられません。

和歌山駅近くに広大な照葉樹林の森があり驚きです。

大木は楠が主ですが、結構梛の木が植わっているのでびっくりしました。神武東征の折に滅ぼされた当地方の女酋長名草戸部(なぐさとべ)を祭っているというので訪れました。

たくさんの神々を祀ってあり八十余りだそうです。石垣はすべて青石(緑泥片岩)中央構造線沿いにある変成岩

 

これより根来寺へ 大門 ここは何度か来たことがあるのですが、お寺は初めて

サクラの時期には良いところのようです。

何度も近くまで来ていたのに一度も足を踏み入れなかったことを後悔する良いところ

大師堂 秀吉の根来攻め(1585年)の際ほとんどが焼失したが残った建物。当時の鉄砲(種子島)の弾の跡がたくさんあるそうですが、確認しませんでした(残念)。日本に伝わった二丁の鉄砲の一つが伝わり製造し近世の扉を開けた根来に、弾跡だらけの建物だけが残っているというのは歴史の皮肉です。

戦国時代には根来寺周辺に二万人の僧兵が住んでいたといいます。

 

そばの古民家カフェレストラン初花で昼食をとりました。

その後初めて通る第二阪和国道を経由しイオンモール和歌山のモンベルショップを覗いて帰宅する。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 08:49
comments(0), -
Comment