RSS | ATOM | SEARCH
富久良門崎

JUGEMテーマ:日記・一般

先週の浦神半島富久良門崎、洞門がたくさんある岬に行ったのですが、地図で確認すると行ったところは富久良門崎ではなくもう一つ先端の岬が富久良門崎だったので、今日は大潮干潮の時間に合わせて行ってみました。

地図上の富久良門崎は途中道がなく断念、岬の一番高い所からの写真

下の岬が先週行った場所、遅く出たので干潮の時間に間に合わないので慌てて戻った。

潮が引いた富久良門、ただまだ潮があり中には歩いていけませんでした。

地図上の富久良門崎 真ん中のえぐれた頂上まで行きました。昭和33年発行の国土地理院の地図では、今いる岬が富久良門崎になっている。

昔聞いた話の記憶では、富久良門は潮が引くと現れる海中洞窟で、通れると聞いたような気がするのですが、ただ潮が引いたら通れるだったか怪しいのです。

 

とにかく楽しい場所なので、もう一度探検してみましょう。

今日は寒い一日でしたが、海に突き出た半島は暖かかったです。
 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 20:04
comments(0), -
Comment