RSS | ATOM | SEARCH
中山道和田峠

JUGEMテーマ:日記・一般

義母の葬儀が二週続けての台風襲来で、中途半端なかたちで帰ってきてしまったので、後始末に再び栃木に

 

ちょうどトランプ大統領来訪で、圏央道はおそらく通行止めになるだろうと、中央道、長野道、北関東自動車道を使っての旅にしました。早い目に出て、途中岡谷で下りて中山道和田峠を越えてみました。和田峠の和田トンネル

標高1500M寒いこと 霜が降りまだ解けていない状態

所々古道が残っていて、紅葉は終わっていて古道にハラハラ葉が落ちるのが、なんとも風情がありました。

江戸呉服町の豪商かせや与兵衛が千両を幕府へ寄付し、その利子50両で設置され、11月から3月の冬の時期に、峠を越える旅人に粥と焚き火、牛馬には年中桶一杯の煮麦を施した、永代人馬施行所

風情のある建物、紅葉の景色が映えます。

 

お昼は先日寄った群馬県の板倉町の蕎麦屋 さんき 鴨せいろ

地元産の鴨肉たっぷりの温かい汁で食べるのですが、鴨が蕎麦によく合い

一口食べて、思わずうなった 美味い

とにかく量が多く、デザートに頼んだすりごまたっぷりのそば饅頭は、二人で食べきれず、もったいないのでナイロン袋に入れて持って帰ってきました。

残りを翌日食べましたが、美味でした。

小食の私たち家族には残り物を入れる器が絶対に必要です。

 

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 11:21
comments(0), -
Comment