RSS | ATOM | SEARCH
那智四十八滝調査その2

JUGEMテーマ:日記・一般

支流の鬼杉谷の おおひるめ は何度も確認しているので割愛し那智原生林へ

紀伊半島大水害で原生林の一番好きだった部分の谷が大崩落し、1キロほど続いていたなめらに土砂が堆積、直後は完全に埋没していたが、その後の少し顔を出しだした

なかつ

かろうじて場所が判るようになりましたが、落ち込みが無くなりました。

なかつ下の支流にかかる くにつ 全く流れはありません。

三の滝上の ちちり

三の滝 滝壺が三分の一ほどになってしまいました。

秀麗な二の滝 この滝は午後に来ることが多く午前中に来たのは初めて

日光が当たり綺麗

この滝もずいぶん滝壺が埋まってしまったが、扇形の滝壺は健在。

少し下り西の谷を遡行 最初の滝 とまめ

完全に埋没している えにき

支流にかかる滝というより伏流水が源泉のような滝 とりき

実際これだけの渇水で水量はそこそこある。いつもこんな感じかな・・・

水量が少なく穏やかな西の谷から想像できない滝が現れる べむ

意外さと秀麗さで見とれてしまう滝 しばらく休憩

西の谷本流にかかる最後の滝 すばる

この滝の上流部分が大崩落し、西の谷の渓相がすっかり変わってしまった。

午後からは一番被害の大きかった東の谷に入ります。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 08:06
comments(0), -
Comment