RSS | ATOM | SEARCH
那智四十八滝調査

JUGEMテーマ:日記・一般

大水害以来チョコチョコ確認に行っていましたが、通しでは確認していなかったので、本日確認。空梅雨で水量が夏の渇水期より少なめのため、支流にかかる滝はただの岩ですが一応滝です。

午前中は西の谷の上流部から本谷の上流部に出て本谷を下り、一の滝すぐ上の出会いから西の谷を詰めるコース

 

西の谷支流の滝から とろき 水が無ければただのゴロゴロ石の急斜面

コンクリートの堰堤で壊されている ありけ

土砂で消滅寸前 からすき

大水害で埋まっていた土砂が一部無くなりわかりやすくなった。 くぐぬち

本谷本流にかかる あまつ 

本流の支流にかかる たすき

水量が多いとたすき掛けのように水が左右に交互して落ちる滝

修験の札がかかっています。

本流最上流部の かなやま この上流に二つの滝があったが消滅し確認できない。

かなやま下流の なめら 綺麗な滝です。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 18:50
comments(0), -
Comment