RSS | ATOM | SEARCH
古座川カヌー

ここのところ雨が少なく迷っていたのですが、鮎釣り解禁が明日なのでその前にと、清流古座川一枚岩から小川(こがわ)合流地点の明神橋まで下ってきました。

いつものダッキーではなく、今回はファルトボート(組み立て式の布製カヤック)にしました。直進性が高く風に強い(前回風に悩まされた)

他の川に比べれば綺麗ですが、雨が少ないせいか深いところでは底が見えない。ちょっとガッカリ 上流のダムのせいでしょうか?

明日アユ釣り解禁なので、良い場所は何か所も陣地取りをしていて、しっかりおとり鮎も生かしている。これって反則じゃない・・・

古座川独特の尖った山や奇岩が続く。

真っ二つに割れた岩

潜水橋の瀬を下る。

川下りはマメに漕がなくっていいのと、次々に変わる景色がいいです。海だと漕ぎ続けても景色はさほど変わらない。とにかく水が少なくルートを誤るとランディング。水深25センチもあれば動くのだが、3回ほど動かなくなって下りた。

目的地の小川合流点明神橋。支流の小川(こがわ)はおそらく近畿地方では一番の透明度

この通りツギハギだらけの船底がしっかり写ってしまいました(ちょっとピンボケ)

次回はこの小川を水量の多い時に下りましょう。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 17:01
comments(0), -
Comment