RSS | ATOM | SEARCH
大普賢岳

JUGEMテーマ:日記・一般

久々のアイゼン、ピッケルを使っての雪山 大普賢岳登山

今年は雪が多く、登山口の和佐又小屋の人の話だと先日まで1Mの雪があったそうな

アイゼンを付けずに和佐又山のコルまで登り稜線から日本岳をトラバースする道に入りアイゼン着用 トレースがあるので辿れるが、無ければ全く道は分からないくらいの雪

笙ノ窟はものすごいツララ、時折朝日で溶けたツララが落ちてくる

行きは良かったが午後に通過したときは、音を立てて大きな塊が落ちてきて運悪く当たれば命取りになる。私は大丈夫でしたが、一人が肩に塊が当たった。

雪が多いのと、なんだか体の動きが悪く、時間切れになり頂上は踏まず手前の小普賢岳で引き返す。

帰路に展望抜群の石ノ鼻で記念撮影。

たまには、南国熊野の普段とはまったく違う景色の雪の山も悪くない。 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 16:27
comments(0), -
Comment