RSS | ATOM | SEARCH
白アリが!

JUGEMテーマ:日記・一般

2011年9月の紀伊半島大水害で、水没した木を乾燥させるときに使う桟木が、泥をきちんと落とさないで保存していたら 白アリの巣になっていた。

他の木も調べてみると、白アリの習性みたいなものが少し判りました。

まず大好物はヒノキ(山では松も好きなようで、枯れた松の皮を剥がすとビッシリというのをよく見かける)、クスノキ、杉は不味いらしく食べていない。

雑木は条件のようで、土が付いたり湿度があると食べている。腐りかけている木は食べていないのと、外からは確認できないように食べているので厄介だ。

昔夏にシロアリを木から出したところ次々黒アリが運んで行ったので、良いエサになるのでしょう。白くて柔らかそうだものね

ムカデもシロアリとよく見かけるので、黒アリに対する用心棒をしているのかもしれない。

観察結果はそんなところで、お風呂と薪ストーブでしっかり燃やしてしまいました。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 18:33
comments(0), -
Comment