RSS | ATOM | SEARCH
鹿肉

JUGEMテーマ:日記・一般

この冬初の鹿肉をいただきました。

前足(上)と後足各一本 魚もそうですが、処理が大変です。

肉の場合骨に筋でぶら下がっている筋肉をさばいて料理するのですが、このようにぶら下げて調理すると比較的簡単です。

このとき威力を発揮するのが、ナイフ 国産ではなくフランスのオピネルというナイフ(写真上)の大きいのを(全長28僉飽ν僂靴討い泙后

最初登山用に下のナイフのサイズを使っていましたが、切れ味、刃の形など どうも気に入らなくて使っていなかったのですが、肉料理にはこの切れ味と刃先のカーブが、威力を発揮し愛用してます。

ちなみに小さいほうのナイフは、日本では手に入らないスピアと言われるナイフの形、お魚料理にはこの形が絶対いいですね。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:獣害から始まるお話, 19:28
comments(2), -
Comment
私もオピネルのナイフ(小さいの)持ってました、あまり使った覚えは有りません、今は何処に行ったかわかりません。多分「ロッジ」が天王寺にあった時に買ったと思います。
周, 2016/12/02 8:59 PM
先日静岡のモンベルショップでお客さんが買っていましたが、結構いい値段しました。あんなに高くなかったような気がしましたが。ロッジ懐かしいですね。錆びやすいナイフですが、最悪そこらの石で砥げるし、軽いし重宝してます。
間伐屋木左衛門, 2016/12/07 11:01 AM