RSS | ATOM | SEARCH
柿大豊作

JUGEMテーマ:日記・一般

毎年たくさん実を付けるが、赤くならないうちに次々と落ちてしまっていた柿が今年は大豊作 コンテナ2箱ほど収穫出来て、貰ってもらうのがたいへん

子供のころはどの家にも柿の木があり、2キロほどある通学路の柿は渋か甘かをすべてチェックしていて、渋柿が多いので子供心に不思議でした。家には3本の柿の木があり2本は渋、甘柿は小さい木で植えたばかりの木であまり実が付かず、たいてい色ずく前に待ち切れず食べていました。

 

大人になり収穫するようになると甘柿は保存がきかず、渋柿は干し柿にしたり、アワセ(渋抜き)にしたりで、長く楽しめますが、甘柿だとそうはいかない。ネットで見ていると熟した柿を冷凍保存し半解凍でスプーンで食べると良いとありましたが、なかなかいいアイデアだと思います。

 

ちなみに和菓子は柿の甘さを超えるとダメだと聞いていますし、柿の時期は医者が暇になる。ビタミンCが豊富で風邪になりにくい。

 

この柿の木、小学生高学年のころ百科事典を買ってもらい、接ぎ木の方法が載っていたので挑戦した木が大きくなったもの、もう一本の木は失敗して枯らしてしまいました。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 11:25
comments(0), -
Comment