RSS | ATOM | SEARCH
玉置山の玉石
JUGEMテーマ:日記・一般
知り合いの霊能者の方に誘われ玉置山へ行きました。総勢20人ほどで玉置山のご神体のある玉石社へ

木の間に見える黒っぽい石がこの神社のご神体 枕状溶岩だと思われますが、周りの同じ溶岩と明らかに違う感じがします。

霊能者の方が昔言っていた、仏から神に参るのが順序という意味が始めて理解できました。というのもこの玉置神社に仏を祭ってあり廃仏毀釈の折に一体は壊されたのでしょうか、首がありません 今は玉石社に行く途中に小さな祠のなかに安置しています。仏を拝むことによりご先祖の霊が乗り移り神に参るといいそうです。今回も荒れ果てた祠を掃除してお供えし、供養後に玉石社にお参りしました。

枕状溶岩 海中深くで噴火した場合水圧と海水で冷やされることで溶岩が、噴出時に枕や俵状になるとされています。
author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 12:31
comments(0), -
Comment