RSS | ATOM | SEARCH
熊野中道 古座街道 法師峠から朝来へ

JUGEMテーマ:日記・一般

先日の古座川、日置川水系の分水嶺の法師峠までに続き、法師峠から日置川水系と富田川水系を経て朝来(あっそ)に至る古座街道をマウンテンバイク(MTB)と徒歩で走破。

まずは日置川支流城川合流地点宇津木橋たもと、これより法師峠まで往復約36キロMTBと徒歩の旅。折から桜が満開

清流城川を遡る気持ちの良い道。

城川の小橋手前の庚申さん

城川の小橋 古座川の潜水橋に似ているが幅は1M位 MTBを押してギリギリ

まだら岩 堆積岩が熱水でこのように変化したそうです。

先日来た法師峠の地蔵さん

これより宇津木橋に引き返し、今度は宇津木坂を越えたところの富田川支流生馬川の鳥渕神社にMTBを置いて、宇津木橋に戻り宇津木坂を上ります。

峠の地蔵 この宇津木坂は標高差約500Mを一気に登る古座街道最大の難所。かなりしんどい登りでした。

桜が満開でついつい上の方に目が行きますが、足元では清楚にひっそりと

シハイスミレが

峠を下り富田川支流生馬川の鳥渕神社

MTBで日置川宇津木橋に戻ったのだが、県道36号線卒塔婆トンネルを抜けて2キロほどが桜並木になっていて、峠までの登りは地獄でしたが、桜吹雪を浴びながらの“人生下り坂が最高“の下りを楽しみながら車へ

宇津木橋の車を回収し富田川にかかる生馬橋に車を置いてMTBで鳥越神社へ戻り、ゆっくりと朝来へ

朝来駅前42号線のみちびき地蔵さん

前回の古座川水系に比べ、日置川水系の古座街道の傷みが激しく、途中道を間違えてGPSで確認して何とか修正。

又宇津木坂は結構きつく、途中バテバテ 少し甘く見てました。

車を回す時間も結構要しましたが、9時間弱、MTBと徒歩で76キロの旅でした。

 

前回と今回使ったMTBは息子が乗っていたものですが、変則ギアーの調子が悪くて、前回はまったく動かなくなるし、今回は一段飛んでしまう。SUNTOUR(サンツアー)という今は無き会社の製品、替わりがないというので、次回からはもう一台のかれこれ30年近く使っているのにするか。新しいの欲しいがあと何年も乗れそうにもないし・・・

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野古道, 08:34
comments(0), -
熊野中道 古座街道を歩くその2

JUGEMテーマ:日記・一般

蔵土を過ぎ三尾川(みとがわ 古座は読めない地名が多い)を過ぎると車を停めた松の前バス停までは急な登り、取りあえずは通り過ぎ、古座川が二つに分かれ佐本川をのぼると途中付加体地層が見えてくる

元は平らな地層に太平洋からのプレートが沈み込み、その力で斜めになっているのが観察できる。昨年歩いた福井谷集落跡入り口まで行って引き返し、車に戻り佐本へ車移動。歩きと違い自転車漕ぎは疲れてフトモモがパンパン、余程やめようかなと思ったが、佐本のだんだか坂の山道を歩くと少し元気が出てきた。

佐本部落の臨泉寺 立派なお寺です。

佐本より佐本川支流の栗垣内川沿いの道をのぼると途中お城のような 福田家住宅 玄関だけではなく勝手口(写真中央)にも立派な門がある。

林道を詰めて山道に入ると、途中かつての繁栄が偲ばれる立派な荷車道の石積みが2つあった。

法師峠 古座川と日置川の分水嶺です。誰にも会わず、人の気配もない。

大きな天然杉が二本 夫婦杉だそうです。ここから来た道を引き返す。登りはきつかったがほとんど漕がず、アッと言う間に「人生下り坂最高」気分で車へ、7時間で40キロ、自転車で戻った距離を換算すると50キロ強のMTBと徒歩の旅でした。

次回は上富田町の朝来駅からここまで来よう。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野古道, 06:27
comments(0), -
熊野中道 古座街道を歩く

JUGEMテーマ:日記・一般

熊野古道は大辺路、中辺路、小辺路、伊勢路とありますが、その中でも一番長い大辺路は近世には観光では海岸線を海の荒れた時、急ぐ人や商売人は距離の短い古座街道を使ったものと思われます。

 

その古座街道をマウンテンバイク(MTB)と徒歩で巡ってみました。まずは古座川町役場から古座川と日置川の分水嶺である法師峠までです。

朝古座川役場にMTBを置き車で松の前バス停まで行き、7時53分発のコミュニティバスで古座川役場に戻り8時30分出発。

河内神社とMTB 島がご神体(後ろの山ではなく前の森) 

少女峰 一度は登ってみないと思ってはいつも眺めている岩峰

牡丹岩 古座周辺の火成岩の独特な風化の岩 道路沿いです。

いつもは通らない対岸の道からの小川(こがわ)との合流点。違った感じです。

小川合流点少し上の潜水橋 狭く欄干がなく、下手をすると落っこちそう 右が下流

道からすぐに見事な滝 神水瀑 

一枚岩の道の駅が見えてきた。いつもは通らない道なので、また違った感じがします。

一枚岩到着

天柱岩

蔵土(くろず)の宝篋印塔(ほうきょういんとう)

宝篋印塔は武士が好んで建てたもので、逆に言うと武士の証

 

ここまで20キロ1時間30分の旅。古座川沿線は高低差が少なく車の往来も少ないのでサイクリングにもってこい、自転車の人は見かけませんでしたが、バイクツーリングの方を数人見かけました。

 

 

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野古道, 12:16
comments(0), -
大辺路 古座から浦神 

JUGEMテーマ:日記・一般

大辺路の古座から田原には海岸を歩く道と地蔵峠を越える山道があり、距離的には同じくらい。おそらく海が荒れた時などに使ったのでしょうが、古座田原間の海岸は険しいので、鉄道や道路ができるまでは主に山道を生活道路にしていたと思われます。また海岸のほうは鉄道と国道で壊され、古道の形跡がない所で歩かないでとばしていた間隔

古座駅より橋を渡り清流古座川の左岸を歩き高池の虫食岩に

上部の洞穴に祭っていた仏堂

高齢化で高いとこで祭るのがむつかしなり下に降ろしてきているそうな。

岩の左端から登り、この洞穴(下から撮っています)をくぐると部屋があり、かつて祭っていた場所がある。

古い道標 右ハやまみち 左ハ さべみち とある。

地蔵峠の地蔵さん

いがみ滝 魚のイガミ(ブダイ)かと思ったが、ここで流れが歪んでいるのでついた名(?)落ち口横に大きな甌穴(おうけつ ポットホール)がある珍しい滝。

岩質は砂岩、比較的やわらかいので大きなものができている。この水系田原に流れているものと思いきや、津荷に流れている津荷川上流でした。途中流れが逆さになるので、おかしいなと地図で調べ初めて気が付く。なかなかいい渓谷で、一度谷を遡行してみたいものです。

佐部の地蔵さん 途中湯の谷の温泉を覗き、佐本城址を左に見ながら42号線に出て清水峠を越え浦神へ

浦神湾を一望するところで、昼食後浦神駅へ。電車を使った半日の古道ウォークでした。

 

大辺路の古座から那智に向かうコースはこのコースがおすすめ。国道(酷道)42(死に)号線は歩道もなく命の危険を感じる道で、歴史も感じられるこちらが断然いいです。一日でしたら太地か湯川駅まで歩ける(足に自信があれば那智まで)。電車の時間を見て計画を立ててください。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野古道, 09:40
comments(0), -
小雲取越

JUGEMテーマ:日記・一般

正月のインフルエンザ騒ぎ以来山登りに行ってなかったので、足慣らしに小雲取越え

景色抜群の百間ぐら 真ん中の突き出た野竹法師が、いつ見ても良いですね。

いつもは大雲、小雲と歩くので、小雲取越は3時間ほどで歩かないと明るいうちに那智まで着かないが、のんびり歩くのも悪くない。外人さん二組と日本人二組に会いグローバルになったものです。初めて歩いて半世紀 あの時はたった一人だったが まさかこんなになるとは

 

この小雲取越1500万年前にできた熊野層群に属し、浅い海に堆積した地層なので化石がたくさん見られる。

一枚貝の化石だと思いますが、道端で拾いました。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野古道, 15:56
comments(0), -
大雲小雲取越

JUGEMテーマ:日記・一般

15年ぶりくらいでしょうか、大雲小雲取越に挑戦 前回と同じく新宮から路線バスで請川の下地橋バス停へ、那智を目指し8時出発

小雲取越えから大雲取越えを経て那智山へ かつては一日の行程でしたが、現在は通常二日で歩いているコース。

前は確か大門坂を3時過ぎ(7時間)くらいだったので、遅くとも午後4時には出られると思いきや那智山青岸渡寺に着いたのは5時少し回りました。

百里阿

円座石

胴切坂に咲くバイカオウレン(標高差350Mを一気に登る一番きついところ)

IMGP4619.jpg

石倉峠

終点大門坂入口 5時20分着30キロの行程

地蔵茶屋を過ぎると冷たい空気の影響でにわかに曇りだし、雷が一閃 近くに落ちたのは確か。私は風邪気味で鼻が詰まっていたので気が付かなかったのですが、同行者は振り返ると焦げた匂いがしたそうな ヒョウが降り出し那智青岸渡寺までは雨の中でした。

小雲3時間半大雲6時間のほとんどコースタイム通り しかも筋肉痛が翌々日から、老いを感じた一日でした。

 

雨の舟見峠を歩いていて思い出したのですが、初めてこのコースを歩いたのは16才の時(記録では12月3日)那智からでしたが、舟見峠は雨でした。あれから半世紀 相変わらず雨男です。

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野古道, 21:25
comments(0), -
熊野古道大辺路その2

JUGEMテーマ:日記・一般

朝一番の普通列車に乗っての第二弾、先日の古座までの続きですが、古座・田原間は国道歩きなので飛ばして田原駅より出発。

命の危険を感じる酷道(国道)死に(四二)号線を歩くが、すぐに山道で最初の峠

清水峠

峠を越えると浦神湾が見え素晴らしい、浦神の海蔵寺を過ぎ山道に入るとちょうど紀州備長炭の窯出しを始めるところで、写真を撮らせてもらうが赤い光が強すぎ上手く映っていない。

峠の休平

太田の庄へ向かう道、照葉樹林帯の中の古道らしい道が続く

庄に降り、大泰寺を通り過ぎ、我が家のお墓のある市屋を過ぎ市屋峠へ

昔私が作った看板がしっかり残っています。与根河池を過ぎ二河峠へ

ゆかし潟を過ぎ、駿田峠 

終着の浜の宮王子の振り分け石 (大辺路と中辺路の分岐点の昔の道標)

先日のコースより国道を歩くことが少なく、いわゆる里道と山道、特に浦神出発にすれば危険な場所はグッと少なくなります。

18キロほど4時間半弱の旅でした。

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野古道, 15:06
comments(0), -
熊野古道大辺路

JUGEMテーマ:日記・一般

世界遺産に追加登録される大辺路を歩きました。富田より見老津までは何回か歩いているので、見老津から那智を目指す第一段として古座までの道中。見老津から和深は国道ばかりで飛ばすことにし、和深から出発

新宮発田辺行の一番列車で和深へ、42号線を歩き最初の古道新田平見道 道標は少なく、印刷した国土地理院の地図片手の歩きです。

新田平見道の石段

古道の基本ですが、急斜面は浸食防止に石畳や階段になっていて残っている。幅は一間

富山平見道の石畳

飛渡谷道 まさしく飛んで渡れる幅の水路のような谷沿いの道

ほとんどが国道四十二号線を歩くのだが、歩道がなく まさしく死に(四二)号線

命の危険を感じる道路で、せめて歩道が欲しいです。

鉄道に切断された古道が、3回線路をくぐりましたが、一番面白かったトンネル

人一人がやっとのトンネル。もう一つは広く、もう一つは車が通過できました。

 

残っている道もいいが、だんだんと大きくなる潮岬の景色と印象に残ったのは、串本手前から姫に迂回する䰗野川沿いの道。清流と田園風景と里山 何とも気持ちの良い道でした。欲をいえば舗装道路ではなく地道ならよかったのですが。

8時半に出発し古座に2時50分到着途中お昼に40分休憩、暑い一日で、古座のAコープで買ったビールの美味かったこと

 

佐野・和深間の運賃840円、古座・佐野間の運賃は500円 差し引き340円 24キロほどの旅でした。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野古道, 10:52
comments(0), -
古座街道 田鶴横手と佐本渓谷
JUGEMテーマ:日記・一般
古座街道は江戸期より明治中期まで田辺〜古座を最短距離で結ぶ街道で、行商人や西国巡礼に使われ熊野中道とも呼ばれた。ほとんどが舗装道路ですが、一部山道がありその中でも一周できるコースがこのルート、古道と渓谷が楽しめ 日曜日に行って来ました。

街道の道幅はこれくらい 約一間

途中の三体地蔵 一体の首がありません代わりに石を置いている。

帰路は佐本渓谷を戻り、古座川の清流と緑が楽しめます。

岸辺の赤い川さつきが景色を盛り上げます。
標高差100M足らずで、一周4〜5時間 のんびりと良いコースですが、紀伊半島の一番不便なところアプローチに時間がかかります。
author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野古道, 08:51
comments(3), -
熊野川カヌー
今週はじめは濁った熊野川も、ダムの濁った水の放水を止めたらしく、少し澄んできて
熊野川カヌー

真夏の川下りと違い、風は爽やか 気持ちが良い 夏より影が長くなったので、
時折山の陰に入り あれこんなところに橋があったかな?と見上げること数回

これだけ爽快だと、この時期少し遅い目に始めて、昼島に上陸して昼食にし、2時くらいに終わるコースを作っても良いかも ただしもう少し寒くなると、きついね

author:, category:熊野古道, 10:47
comments(0), -