RSS | ATOM | SEARCH
屋久島その2

JUGEMテーマ:日記・一般

朝4時に弁当を受け取りタクシーで、淀川登山口へ 5時少し前に到着 まだ夜は明けないのでヘッドランプを付けて登山開始

標高1600Mにある高層湿原 花之江河(ハナノエゴ)霧の中だが一瞬日が差してきた。

頂上近くになると幸いなことに霧が切れだし青空が見えてきて頂上では360度見渡すことができたが、15分ほど下ると霧に覆われてすっかり見えなくなる。

宮之浦岳(1936M)頂上 九州地方の最高峰 大パノラマ 

考えてみたら周囲130キロほどの島に九州地方で一番高い2000M弱の山があり、その周りを熱帯からの黒潮が流れている。風が吹けば上昇気流が発生し、雲が出来るのは当たり前 

すっかり雨の中の縄文杉

視界が利かないので、途中黒味岳往復は中止し、少し飛ばしてきたのでお昼前に新高塚小屋到着 小屋を過ぎると、とうとう雨が降り出し、1時前に宿泊する予定の高塚小屋到着。掃除に来たという地元ガイドさんがいたので、白谷小屋まで行けますかと聞くとOKの事

 

ところが縄文杉やウイルソン株を過ぎトロッコ道に出たところで、トイレ休憩で休んでいる地元ガイドさんに聞くと 白谷小屋から下流で渡渉場所が数か所あり、明日の予報の雨では渡ることができないだろうというので、このまま荒川登山口に下ることにした。約8キロの軌道敷を永遠と歩き登山口に5時に着く。

歩行時間12時間の強行軍 足が棒になりました。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 06:11
comments(0), -
屋久島

JUGEMテーマ:日記・一般

フェリーサンフラワーを使っての屋久島登山。大阪南港を夕刻出発 

志布志港よりバスで鹿児島に行き 高速艇トッピーで屋久島へ

海は穏やか太平洋に出る航路で、途中の今話題の友が島

生まれて初めての九州旅行、もちろん鹿児島も初めて、鹿児島のシンボル桜島 帰路には噴火してました。

ほれぼれする姿の開聞岳 高速艇トッピーは時速80キロ 速いこと 2時間で屋久島に

ところが晴れの予定が島に着くと雨(唖然とする)

本日宿泊する屋久島安房(あんぼう)の民宿

弁当とタクシーを手配し早々に就眠

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 18:51
comments(0), -
ダイサギとバン

JUGEMテーマ:日記・一般

先日から佐野川で餌を採っているダイサギを写真に収めました。

代掻き後の水田で、カエルなどを狙っている模様

先日のバンの夫婦もいましたので、写真を

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 16:53
comments(0), -
代掻き

JUGEMテーマ:日記・一般

先日のレンゲ田、EMぼかし肥料を混ぜて耕起し、少雨で心配していましたが、雨も多くなり用水の水もたっぷり流れ出したので、代掻き

10センチ程耕しているのを、かご車輪を転がすと踏んだところがちょうど蒲鉾みたいになり、後ろのバナナ型の鉄板で切っていくという感じです。ロータリーの爪で通常は細かくするのですが、どうしても深くなってしまうので、これを使っています。最初に耕起した深さより深くはなりません。

こんなもんでと思いますが、とにかくぐるぐる回っていると結構細かくなり一種の泥遊びみたいなもの 牛でやっていたのとほぼ同じ原理。かつて田かき競争などがあったのが納得する作業

シュレーゲルアオガエルの卵が、5、6個浮いていました。黄色いツブツブが卵です。

 

好きな「パン」は、何パン?

南方熊楠が好物だったというアンパン、ツブあんが好きですね。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:無農薬米作り, 18:07
comments(0), -
妹の命日

JUGEMテーマ:自分のこと

今日4月9日は二十歳で死んだ妹の命日

最後の言葉が、入学式の夢でも見たのでしょうか

母に 今日はヨソイキの服の人がいっぱいでどしたんやろ だったそうです。

まぶしいほど桜が満開の中での辛い葬儀でした。

妹は年をとりません。それだけが救いかな・・・

 

 

 

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 08:46
comments(0), -
大雲小雲取越

JUGEMテーマ:日記・一般

15年ぶりくらいでしょうか、大雲小雲取越に挑戦 前回と同じく新宮から路線バスで請川の下地橋バス停へ、那智を目指し8時出発

小雲取越えから大雲取越えを経て那智山へ かつては一日の行程でしたが、現在は通常二日で歩いているコース。

前は確か大門坂を3時過ぎ(7時間)くらいだったので、遅くとも午後4時には出られると思いきや那智山青岸渡寺に着いたのは5時少し回りました。

百里阿

円座石

胴切坂に咲くバイカオウレン(標高差350Mを一気に登る一番きついところ)

IMGP4619.jpg

石倉峠

終点大門坂入口 5時20分着30キロの行程

地蔵茶屋を過ぎると冷たい空気の影響でにわかに曇りだし、雷が一閃 近くに落ちたのは確か。私は風邪気味で鼻が詰まっていたので気が付かなかったのですが、同行者は振り返ると焦げた匂いがしたそうな ヒョウが降り出し那智青岸渡寺までは雨の中でした。

小雲3時間半大雲6時間のほとんどコースタイム通り しかも筋肉痛が翌々日から、老いを感じた一日でした。

 

雨の舟見峠を歩いていて思い出したのですが、初めてこのコースを歩いたのは16才の時(記録では12月3日)那智からでしたが、舟見峠は雨でした。あれから半世紀 相変わらず雨男です。

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野古道, 21:25
comments(0), -
レンゲ田耕起

JUGEMテーマ:日記・一般

空中の窒素を取り入れるマメ科植物のレンゲをEM菌ぼかし肥料と共に田んぼに鋤き込むと、鳥たちがたくさん寄ってきます。

この時ばかりはエサを獲るのに夢中で、警戒心が薄れ かなり近づいても逃げません。残念ながら今回は鳥の種類が少なく、イソヒヨドリ、ツグミ、ハトの三種で、写真を撮らせてくれたのは、イソヒヨドリのオスとメスのみ

オスのイソヒヨドリ アカ腹のまさしく青い鳥

メスは地味です。

 

春休みでレンゲを摘みに来た子供が数人 悔しそうに帰って行きました。ゴメンね。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:無農薬米作り, 20:26
comments(0), -
レンゲ満開

レンゲの花が満開になってきました。

このレンゲ空気中の窒素を根に取り込む性質があり、自然で無料の窒素肥料になります。

今年は蜂の音が聞こえず、レイチェルカーソンの沈黙の春ではと思いました。

ここの所ミツバチが少なくなっているとの情報です。

虫も少なく、ちょっと心配

先日作ったEMぼかし肥料と混ぜて耕起します。

 

 

最後に見た映画、なに?

映画館に見に行った映画は、子供が小さい頃一緒に見に行ったアニメ おそらくドラえもん 30年以上前です。基本的に映画は見なく、歳の数より少ないのでは。長時間じっとしているのが苦手と白人の女優さんを皆さんが言う程綺麗だと思わないのが一因だと思います。最近カミさんが見ている韓ドラをたまに見ますが、東洋人の方がきれいに感じる(あまり表面には出しませんが・・・)。先日何となしにそんな話題になり同じ感覚の若い女の方がいたので、感激しましたが、その方も胸に秘めている様子
 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:無農薬米作り, 12:01
comments(0), -
EM菌ぼかし肥料作り

JUGEMテーマ:日記・一般

例年のEM菌ぼかし肥料作り、EM菌は近所で購入、廃糖蜜の代わりに昔パン屋さんにいただいた麦芽糖(モルト)を使っています。

EM菌は生き物なので、塩素を含む水道水は使わず、川の水(天然水)を使い正確に測り、ヌカ・モミガラ・魚粉としっかり撹拌します。

よく混ぜたものを密閉容器に入れて1週間から10日ほど菌を繁殖させて出来上がり

水分が多いと雑菌が発生するので、要注意。一緒に入れたモルトなどを食べ増殖します。

レンゲが咲いている田に撒き、耕起します。

 

2月から写真が拡大できなくなり、400×300ピクセルの写真を480×360の大きさにしてみました。

このブログデザインではこれが最大で、これ以上大きなものにするにはデザインを変えなければなりません。どうしようか迷っているところです。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:無農薬米作り, 12:02
comments(0), -
ツグミ

JUGEMテーマ:日記・一般

ここの所 餌があるのか盛んに庭に顔を出します。

コンパクトカメラで撮れるほど近づいてきます。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 10:12
comments(0), -