RSS | ATOM | SEARCH
龍穴

JUGEMテーマ:日記・一般

下の娘が帰省してきたので、嶋津は木津呂を見渡せる龍穴へ

シャクナゲがちょうど満開

シャクナゲの花に無数のマルハナバチ

帰りに瀞ホテルでお茶を、瀞八丁は新緑で一番きれいな時です。

川を挟んで左は奈良県、右は三重県、写真にはないが後ろは和歌山県

海外もよいが、熊野は ほんと 良いところ。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 06:20
comments(0), -
オーストラリア ケアンズ その4

JUGEMテーマ:日記・一般

最終日はたまたまアンザックデイ。もともとは第一次世界大戦の戦勝記念日だったようですが、現在は太平洋戦争戦勝記念日に変わっているようで、敵国日本人には居心地の悪い日、しかも泊まったホテルのすぐそばで、記念行事をやっている。ガイドさんが近づかないようにとのことなので、違う通りを歩いてブラブラしたのだが、休日はほとんどの店がお休み。ホテルのルームサービスもなし、感覚が全く違います。日本人は働きすぎなんですね。仕方がないので街をブラブラしただけでした。

大きな木も多いし道幅も広い、アジアと違い人口密度が圧倒的に少ないようです。朝のラッシュもしれています。道路は信号もあるのですが、ロータリーになっていて交差点で止まらずに走ることができますが、歩行者は渡りづらい。アジアのような車の台数が多いと渡るのはかなりむつかしいと思う。走っている車はほとんどが日本車。私の好きなピックアップトラック多く見かけましたが、ほとんどがポンコツだが現役。日本人は早く車を手放しすぎるのでは。午後には軍服を着て勲章を付けたお年寄りを何人も見ました。

見かけたごみ収集車、前のフォークでごみを載せ後ろの荷台に落とし込む、日本のように数人で入れて圧縮するのではなく、一人で操作していました。人件費が高いのか人口が少ないためか

帰国の日の早朝週末マーケットを覗きに行って空港へ

小さなケアンズ空港

グレートバリアリーフの空からの写真

宇宙から確認できるのはこのグレートバリアリーフと万里の長城だけだそうです。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 09:52
comments(0), -
オーストラリア ケアンズ その3

JUGEMテーマ:日記・一般

二日目はグレートバリアーリーフにあるサンゴ礁の島グリーン島へ1時間ほどの船旅

カタマランという高速の双胴船で島へ

写真では海はきれいですが、ちょっと期待外れ 石垣島や西表島のほうがきれいでした。

また、グラスボートに乗りましたが、サンゴは数年前にオニヒトデの大発生で無くなりようやく回復したとのことで、種類は豊富だがテーブルサンゴ類は数えるほどしか確認できませんでし、熱帯魚もルリスズメくらいでほかには見当たりませんでした。串本海中公園のほうがテーブルサンゴは多いですね。見世物がないからでしょうか、餌をまいて魚を寄せていましたが、あれはやめたほうがよいような気がします。結構皆さん喜んでいましたが・・・

遅めのお昼はBグルメのケバブ(初めて食べました)

羊、豚、牛の三種類のお肉を使った料理。ビールと共に おいしいのですが、とにかく量が多い。周りの外人さんはペロリと食べてましたが、半分食べてダウン。

ホテルに持って帰って、買ってあったビールを飲みながらようやく消化。

食べ物はいまいちだが、ビールの種類が豊富。特に日本では手に入りにくいエールビールの種類が多い。

気に入ったクーパーズのエールビール

ほかに10種類ほど飲みました。

右はスーパーで買ったココナッツウォーター ヤシの実の水です。

考えてみたら25年ほど前にビールづくり(ホームブリュー)にハマっていまして、最初はイギリスのビールキットで作りましたが、一番おいしかったのは、オーストラリアのキットでした。ここはホームブリューが盛んなようで、スーパーでキットを探しましたが、残念ながらなかったです。

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 06:49
comments(0), -
オーストラリア ケアンズ その2

JUGEMテーマ:日記・一般

眠い目をこすりながらスカイレールと称するロープウェイ乗り場に移動。熱帯雨林を上から眺められる素晴らしい乗り物。長さは世界で2番目。ちなみに一番長いのは日本にあるそうです。

途中2度乗り換えてキュランダ村まで、ラッキーなことにこの森を代表するユリシス(オオルリアゲハ)が飛ぶのを観察しました。鳥ほどではないが結構早く飛ぶ 一瞬でしたが。

乗り換えで熱帯雨林散策道路があり、ワクワクと散歩。

バロン滝(バロンフォール)を鉄道の反対側から まじかに見えましたが、雨期なのに水量が少ないのと熱帯雨林の川の水は濁っていて、ホワイトウォーターの滝ばかり見ているので少し変な感じがする。

ここでも中国人が写真スポットを占領して動きません。一人っ子政策でわがままに育てられているのでしょうね。

対岸にキュランダ鉄道(バロンフォール駅)が見え、丁度列車が来ました。

キュランダ村を散歩し、キュランダコーヒー(アラビカ種の単品コーヒー)を買ってほかの人と合流し昼食。

実はアーミーダックという水陸両用車で熱帯雨林散策をする予定だったのが、出発の前日夕方ギックリ腰になり、這って歩くことしか出来ず、当日車のブレーキを踏むのもやっとの状態。近所のゆりの山温泉のぬるい湯に1時間ほど腰湯で少し回復させた状態で、このツアーに参加したので、ガイドさんに相談するとアーミーダックは無理とのことで別行動したのです。

昼食はオージービーフのハンバーガーとポテトフライ

ポテトはよかったがパンが美味しくない。マクドナルドのハンバーガーが売れるはずだと感じました。

ただしビールは種類が多く楽しみにしていたので、さっそく飲んでみましたが、ついてきたグラスの汚いこと。気にしないんですね。

帰路はキュランダ鉄道でケアンズへ

世界の車窓で有名になった滝のところではゆっくりと走ります。

一番カーブの強い場所

ケアンズでは大橋巨泉の店OKギフトショップによってホテルへ

空を見上げると鳥かと思いきや、大きなコーモリが集団移動の最中でした。夕方には必ず見られる景色のようです。

夕食は海岸通りでシーフード(おいしいがお値段が良い)を食べて、寝不足解消のため早々に床に就く。明日はグレートバリアリーフのグリーン島に行きます。

 

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 07:48
comments(0), -
オーストラリア ケアンズ

JUGEMテーマ:日記・一般

初めていく英語圏の海外旅行はオーストラリアのケアンズでした。関空から7時間弱、時差は1時間でここから東京へ行くくらいで南半球に行ってしまうとは驚きです。

目的は熱帯雨林とキュランダ鉄道それに世界最大級の珊瑚礁グレートバリアリーフとケアンズの街です。

まずは搭乗手続き

7時間弱ですから夕食の機内食を食べて一寝入りしたと思ったら、朝食で起こされる始末。朝食はいらないので、もっと寝たいのですが・・・

(朝食はバナナケーキでしたが結構美味)

ところがツアーではケアンズの港まで移動して、再び朝食。

バナナの焼いたのは美味かったが、パンケーキなるものはいまひとつ、小麦粉も美味しくないし。もっとおいしくできるのではと思うのですが、これが普通なのですかね・・・

ボリュウムだけで味は二の次、これからの食事が思いやられます。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 18:48
comments(0), -
桜三昧

JUGEMテーマ:日記・一般

いつも桜の時期は妹の命日なので、桜見はその気になれず、まったく縁がなかったのですが、今年は初めて出かけてみました。

大井川鉄道のC11(SL)と桜

静岡は駿府城の桜

滋賀県 彦根城の桜

滋賀県 近江八幡 八幡掘の桜

八幡堀 手漕ぎ和舟からの桜

安土城址入り口の桜

幸運なことに丁度満開。桜を堪能しました。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 20:47
comments(0), -
国皇大神

JUGEMテーマ:日記・一般

司馬遼太郎さんの街道をゆく(8)の熊野・古座街道に後南朝裔朝里家文書という記述があり、南朝の後亀山天皇の皇子の小倉宮という方が北朝の時代になり里には住めず、吉野熊野の山中を転々と隠れ住み、古座川に落ちて住み農業を営んで朝里家を名のり明治に至ったとあります。

明治になり政府が資料を出すようにとの話があり提出するが認められず、その当時の方が、悔しくて岩室に刻んだとされる石碑

この朝里家が南朝の天皇やその一族の霊を合祀して「国皇大神」という神名を付け代々祭祀してきた山が国王山

石碑から3キロほど離れた場所が登山口です。

国皇大神を祭っていた神社跡。海が見え景色の良いところです。

国王山(272.3M)山頂の三角点。神社から南に離れたところの山です。頂上は見通しがきかず、三角点のみ。

国王山から神社跡地までは稜線を1キロほどの立派な道がついているのですが、半分ほど林道工事で潰されていて、大変残念です。

ほんの少し気を付けて林道をつければ、立派な道が残っていたのに、古座川の役人は本物の宝物が判らない集団のようです。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 12:05
comments(0), -
開眼法要

JUGEMテーマ:日記・一般

我が家のお寺大泰寺の不動明王像修復プロジェクトのクラウドファンディングに参加し開眼法要に行ってまいりました。

法要のあと県立博物館の学芸員大河内智之氏の説明を聞きましたが、

この像、中が空洞になっており、中から銘札が出てきて それによると

1281年に作られたとあります。今から738年前、時代は鎌倉時代です。

よく残っていたもので、何百年かに一度の貴重な仏像の修理に関係できたことを誠に幸せに感じました。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 09:10
comments(0), -
ブルーベリーの花が咲きだしました。

JUGEMテーマ:日記・一般

庭のブルーベリーの花が咲きだしました。

今年もたくさんの花芽を付けていますので、豊作ですね。

この花の蜜を狙って、ヒヨドリが来てやたら花を落とすので、今年は早い目に網を張りましょう。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 09:42
comments(0), -
薪ストーブをいただきました。

JUGEMテーマ:日記・一般

先日の仏師の友人が、腰を痛めこれから薪作りが大変なので薪ストーブを捨てるというので、取りに行きました。

かなり立派なストーブで後ろのが今までの焼却炉に限りなく近いストーブ、今度のは副燃焼室などがつくアメリカ製の優れものだが、重さは半端じゃない120圈

男3人でやっとこさ動かせた。しかし立派すぎる。

煙突の径が違うので、設置は一からやり直しだが、暑さ寒さも彼岸まででシーズンも終わりだし、まあゆっくりやるか。

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 17:51
comments(0), -