RSS | ATOM | SEARCH
古座川川下り

JUGEMテーマ:日記・一般

先日古座川の大蛇行をピークから見学しましたが、今回は山の上から見た大蛇行をカヌーで

真ん中のピークが先日行ったところ。

古座川は水量が少なく、ちょっと時間がかかりましたが、今年は暑いくらいでした。

一枚岩から支流小川合流点まで下りましたが、もう一度水量が多い時に透明度抜群の小川を下りたいですね。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 17:28
comments(0), -
山繭(ヤママユ)

JUGEMテーマ:日記・一般

寒冷紗の端っこについていました。

ちょっと小さく形が違うようだが山繭のようです。

違う種類の蛾なんでしょうか?ちょっと不明

5年前に見つけた時の記事はこちら

 

先日シルクロードのBSの番組で、穴をあけて虫が出た後の繭で糸をつぐんでいました。別に問題ないようです。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 10:37
comments(0), -
ミンククジラのお刺身

JUGEMテーマ:日記・一般

Aコープで売ってました。ミンククジラのお刺身

先日のナガスクジラに比べ少しどす黒く色は悪いが、お味はミンクかな。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野うまいもん情報, 07:15
comments(0), -
トロトロ坂と大日輪と桃太郎岩

三重県御浜町片川のトロトロ坂と大日輪を経由して桃太郎岩へ

予報では晴れなのに一日雨の中歩きました。

見事な石段が峠まで1キロほど続きます。

峠手前にあった石の道標

右 新宮本道、左 同近道とあります。

 

わたしが推測するに、新宮水野藩の一大穀倉地帯であった尾呂志と相野谷を結ぶ重要な道路だったので、立派な道がついているのではと思います。距離的にも一番の近道。

 

右新宮本道をたどり、東西向きに衝立のような岩が立つ大日輪を拝んで

その後、先日歩いた筏師の道をたどって桃太郎岩へ

上から落ちてきた巨岩が衝撃でモモが割れたように二つに割れたそうな。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 16:16
comments(0), -
三輪崎、佐野の昔の写真

JUGEMテーマ:日記・一般

私が住んでいる地区(三輪崎、佐野)の昔の写真を友人にいただきました。

万葉集に

苦(くる)しくも降り来(く)る雨か神(みわ)の崎狭野(さの)の渡(わた)りに家(いへ)もあらなくに 長忌寸奥麿(ながのいみきおきまろ)

が歌ったほどの風光明媚な場所です。

 

佐野の松原 

江戸時代那智大社に奉納する那智黒石をここで売っていたという日記が残っています。このお話面白いのですが長くなるので次回に。

二本松 

私の通学路で伊勢湾台風の後、この先の道が波で崩れ、人ひとりやっと通れる幅だけ残っていました。復旧工事にずいぶん時間がかかった記憶があります。

三輪崎遠景 高野坂入り口付近

三輪崎、佐野湾、宇久井半島遠景

久島、鈴島遠景 

鈴島と久島の堤防がもうある時代ですね。低い堤防で海が荒れるとよく超えていました。

佐野川川口の鉄橋を渡る蒸気機関車

横に国道の橋が見えるので、現在のトンネルではなく旧トンネルのようです。

宇久井のたたみ島へ釣りに行くのに近道なので、竹の延べ竿を担いでよく通りました。レンガ造りのトンネルで、街灯だったのか紐みたいなのがぶら下がっていて、竿でたたくとコウモリがそれにぶら下がっていた記憶があります。

 

万葉集に歌われているということは、紙が貴重な時代の現在でいう観光パンフレットのようなもので、風光明媚なところを歌に詠み想像することで、いつかは行ってみなさいと誘ったのです。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 08:01
comments(0), -
古座川大蛇行

JUGEMテーマ:日記・一般

早朝、古座川の蛇行が山の上から見える場所に、ショートハイキング

帰りに咲いていました。ギンリョウソウ 今年初めて見ました。

古座の峯から登ると、立派な林道に出るので地図で調べてみると有田川沿いからきている林道なので、行ってみると1キロほど手前でがけ崩れ、仕方がないので登山口まで林道を歩きました。

 

熊野川の大蛇行はこちら

 

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:-, 10:52
comments(0), -
卯の花(ウツギ)

JUGEMテーマ:日記・一般

朝の散歩で、コガクウツギのそばに咲いていました。

ウツギ

卯の花のにおう垣根に ホトトギス早来りて の卯の花らしいが、私の住む佐野ではこの木を垣根にはしません。イスノキが多いですね、あとウバメガシなど。

垣根の家も手入れが大変なので少なくなりました(先日垣根刈りをしたばかり)。

 

ホトトギスも泣いていますが、一番多いのはイソヒヨドリ。今も美声で泣いています。BGMの様に

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 06:49
comments(0), -
ナガスクジラ

JUGEMテーマ:日記・一般

Aコープで売ってました。ナガスクジラのお刺身 

ピンクぽっくってクジラというよりマグロに見える。

確かナガスクジラは捕獲禁止で、これは舞鶴の定置網にかかったものらしい。

舞鶴では食べる習慣がないのでしょうか?こちらで売ってました。

子供のころは食べただろうが、大人になってしかもお刺身は初めて、淡白で美味しいですよ。

 

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野うまいもん情報, 12:29
comments(0), -
コガクウツギ

JUGEMテーマ:日記・一般

毎日の朝の散歩で咲いていました。

コガクウツギ

冬場は気の毒なくらいシカに食べられて丸坊主になっている小径木です。そのころ枝を噛むとリンゴの芯の味がする木。夏になるともっとおいしいものがあるのか、食べてませんね。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 08:26
comments(0), -
ムーンフラワー

JUGEMテーマ:日記・一般

夕方7時ころ、昼間すっかり忘れていた田んぼの水を見に行ったところ、遠目のきかない私にもクレーターが確認できるほどあまりにも月が大きく奇麗なので、夜中目覚めたときもう一度眺めてみると

残念ながらおぼろ月

明るいこと、懐中電灯なしで歩けそうなくらい

思わず口ずさんだ 

朧月夜

  菜の花畠に、入日薄れ、
    見わたす山の端、霞ふかし。
    春風そよふく、空を見れば、
    夕月かかりて、にほひ淡し。

 
    里わの火影も、森の色も、
    田中の小路をたどる人も、
    蛙のなくねも、かねの音も、
    さながら霞める 朧月夜。

author:間伐屋木左衛門(かんばつやもくざえもん), category:熊野の四季, 09:00
comments(0), -